2018年09月30日

小宇宙・腸内フローラ

研究室の実験は小康状態だが、次の実験に向けて準備は続いている。
その中で腸内細菌概論と腸内フローラについて研究しているうち、人の代謝にかかわる菌を発見する。

今までよく知られているのは
善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌など):弱酸性が至適pHで、悪玉菌を繁殖しにくくするほか、腸の運動を活発にして便秘を防ぐ。

悪玉菌(ブドウ球菌・ウェルシュ菌等):中性―弱アルカリ性が至適pHで、便の悪臭を引き起こすほか、発がん性物質やうつの原因物質を作る


だったが、それ以外にも

・Akkermancia muciniphila
代謝にかかわる菌で、至適pHは6.5、代謝を向上させる働きがある。
善玉菌と共存しやすい。


・Fusobacterium nucleutum
歯周病菌の一種だが腸にも存在、中性ー微アルカリ性で繁殖しやすく、悪玉菌と共存しやすい。
抗がん剤の効果を弱める働きがある。


・Firmicutes種
一般的には悪玉菌の一種といわれ、エネルギー回収を活発にして肥満にしやすい働きがあるが(肥満者に多い)、至適pHは6.5と善玉菌と共存しやすい。
おそらく人類の歴史全体は飢餓時代が長かったので、この細菌が活発な人間が生き残りやすかったのだろう。
勿論、今の飽食の時代においては肥満や心臓病の一因になったりするが。


・Bacteroides種
代謝を促進させて肥満を予防するが、至適pHは7.0-8.0と悪玉菌と共存しやすい。
この菌を活発化させるために腸内pHをアルカリ性に傾けると悪玉菌も繁殖しやすくなるため、お勧めできない気がする。



NHKスペシャルで紹介された腸内フローラの働きについては、誇張が多くセンセーショナルという意見もあるが、それでも腸内細菌は様々な働きがあるのは確かだろう。
まさに驚異の小宇宙である。


    

posted by SPIRIT at 23:29| Comment(0) | 健康情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日のつぶやき














































posted by SPIRIT at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

ギャンブルとお台場カジノ ~IR法案の行方~

僕は発達障害で感覚過敏持ちということもあって、パチンコのような騒々しいところが苦手。
宝くじも競輪・競馬・競艇も当たる気がしないということで買ったことがない。

銀魂では『宝くじは結果よりも、それまでに夢や妄想を膨らませるのが醍醐味』なんて言ってたが。けだしもっともである。
(ちなみに僕はハワイ出発直前、競艇近くの温泉を利用している。ハワイ行きの飛行機で機内泊するうえ猛暑がひどかったので、体洗ったほうがいいと思ったのである)


かといってギャンブルに縁がないか……というと、どうなんだろう。
くどいようだが、日本だと株や投信等の投資もギャンブルとする人が多いし。(欧米では『アニマルスピリッツ』なんだけどねえ)

この前の国会でカジノ法案と呼ばれる『IR法案(統合型リゾート実施法案)』が成立した。これと前後して
『カジノはギャンブルではなく、富裕層のたしなみ』

という話を物の本で聞いたことがあり、気になってハワイから帰ってきた直後、お台場のヴィーナスフォートにある小さなカジノ『カジノヴィーナス』に行ってみることにした。

カジノ入口.jpg

カジノ内部.jpg

中は20人程度が入るぐらいの広さで、まぶしくも暗くもなく、音もカードを切る音やチップが重なる音以外はとても静かで、僕でも結構長くいられそうな気がした。

ポーカー以外カードゲームについてはよく知らないので、500円だけ払ってルーレットをちょっと味わった後、遊び足りないなと思いながら(その次に大江戸温泉に入る予定があった)、その場を後にしたのである。
ルーレット.jpg

カジノ 景品.jpg
店員にちょっと切り出してみると、『カジノは富裕層のたしなみ』という認識はないようだ。


元々IR法案も日本を観光大国にするための一環であり、成功の理想としては、シンガポールの多目的ホテル『マリーナ・ベイ・サンズ』をモデルにしているという。
マリーナベイサンズ.jpg

シンガポールIR 官邸HPより.png
マリーナ・ベイ・サンズは2010年開業した多目的リゾート施設で、アメリカのラスベガスサンズが経営するカジノのほか、2561室のホテルやコンベンションセンター・ショッピングモールのほか、屋上にはプールがついている。
プール.jpg
シンガポールへの観光客が減っていたころ、時のシンガポール首相であったリー・シェンロン氏が40年間続いていたカジノ禁止を解禁し、2005年にIR施設を導入することに決めたという。
メリットとしては、先ほど言った日本の観光大国化の促進のほかに、雇用創出等も含まれているという。
シンガポールIR 経済効果 官邸HPより.png


ただし問題は、ギャンブル依存症をどう対策するか。

依存症の懸念 官邸HPより.png
政府はカジノ認定区域を全国3か所までにしたり、(長崎が真っ先に名乗りを上げている)、日本人の参加費を6000円、週3回かつ月10回にするなど厳格化しようとしているが、果たしてどこまで効果が出るか。



暴力団の資金源になるという懸念もあるが、逆に今まで違法だったからこそ、違法賭博が行われ、それが暴力団の資金源になっていたという説もある。

(またウシジマのたとえで申し訳ないが、多重債務者がウシジマのところで借りようとしたところ、DMとまったく違い、かつ違法であることを文句つけたところ、ウシジマの答えは、「嫌なら借りなければいい」「ほかの金融業者から借金できないから来たんだろ?」だった。『卵が先か鶏が先か』のようで、どちらが先かは意外と判断がしにくい。)
反社会的勢力にとって特になるか損になるかは、注意深く様子を見ないといけない。





参考文献

・日本経済新聞 カジノ誘致、自治体賭ける 北海道や大阪が計画練る(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28971230T00C18A4EA1000/?n_cid=SPTMG002

・日本経済新聞 IR法案規制・賃金 残る懸念
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO32823300Q8A710C1PP8000/

・首相官邸 IR法案 資料
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/ir_promotion/ir_kaigi/dai1/siryou4.pdf

・ASIAX 統合型リゾート(IR)、マリーナベイ・サンズ特別取材レポート
(https://www.asiax.biz/biz/46013/)


    
posted by SPIRIT at 00:55| Comment(0) | 雑考(政治関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする