2020年03月31日

2020年03月30日のつぶやき








                   
posted by SPIRIT at 17:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

織田と今川の争いの行方は ~麒麟がくる第11話『将軍の涙』感想~

尾張・美濃・京の距離がどうも狭いなと思いつつ、光秀が今川と織田の争いを止めようとするのが今回の話。
ともあれ美濃はまとまりが全然つかないということで、織田が援軍を求めても答えられない有様。
まあこの時点でよく信秀が利政(道三)方を見限らなかったもんだと思う。


この場合人質の帰蝶が殺されてしまうということで、和議に持ち込もうとする十兵衛光秀。
ともあれ高政も、光秀が一度裏切ったにもかかわらず、よく光秀の頼みを了承したと思う。
かたや頼芸も、道三がいずれ自分を裏切ることを知っており、その時は自分にくみするかと問い詰める。
そこは父に反発する高政が『その時は自ら』ということで鎮められる。


そういえば京への旅費はどこで用意したのだろうと思いつつ、(頼芸が出したとか?)光秀は再び京へ。
まあ明智家も地元の名家の生まれだし、頼芸自らの手紙とあれば用意する可能性はあったかもね。

しかしちょうどその折、京は管領・細川家と三好家の争いによって、足利義輝は逃げ出さざるを得なかった。
義輝はのちに将軍親政を目指そうとしたけれど、不満を抱いた松永久秀に殺されるわけで。
義輝は彼の父に『自分は折り目正しく、文武両道であれ。武家の手本となれば、麒麟がくる』
というように教えられて、それができない状況に涙ぐむという筋書き。
感銘を受けたのは分かるんだけど、すでに足利家は財政難から軍隊を養えなくなり、年貢を強要する実力がなくなって衰えていた。
それだけでなく、斎藤や松永と言った新興の土着勢力が経済力を豊かにして天下を取りたいがために守護の実験を蚕食している有様で。
細川藤孝が『武家が病んでいる』といったのはそのためか。皆々将軍の権威をいいことにそれぞれの利益を求めて動いているからね。もっとも人間は自らの利益を正義と信じやすいからねえ。



とりあえず、『争いを鎮めよ』という足利将軍家の指示はもらえたよう。
しかしながら、そのあと土岐頼芸が利政によって美濃から追放されるようで、その時に光秀はどう動く?
                   
posted by SPIRIT at 20:18| Comment(0) | 大河ドラマ『麒麟がくる』感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日のつぶやき




                   
posted by SPIRIT at 17:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする