2019年11月12日

剣心、怒りの九頭龍閃三連撃 ~るろうに剣心北海道編第20話『尋問終了』感想 ジャンプSQ2019年12月号(ネタバレあります)~

復讐の念に駆られた三島栄次の闘姿は、函館実検戦闘時の『角を隠した小鬼』ではなく、『角をむき出しにした鬼』になって、ついに宗次郎に発砲……。

と思いきや宗次郎に撃ったのではなく、凍座に撃った。もちろん弾丸の推進と回転に打ち勝つ握力で凍座はキャッチ。
縮地を持つ宗次郎が撃たれる可能性はからきしないとは思っていたが、そうきたか。
栄次は私怨より警察官としての使命を優先し、一時的に志々雄配下十本刀と共闘する決意をするが、逃げたり裏切ったりしたら絶対殺すと啖呵を切った。
張・鎌足・蝙也は『志々雄のクソ野郎』と言い切った栄次を快く思わず、皮肉と挑発を繰り返す。
しかし宗次郎は相変わらずニコニコ飄々として、こう言った
「志々雄さんの信念は『所詮この世は弱肉強食、強ければ生き、弱ければ死ぬ』
君は圧倒的に弱いが、もし僕たちを倒すようなことがあれば、それは志々雄さんの信念をも覆す純然な君の勝利。
僕は逃げも隠れもしないが、一緒に答えを探そう」


つまり、栄次が宗次郎たちを倒すようなことがあれば、志々雄の摂理通り『栄次が強く、宗次郎達が弱い』とも取れるし、志々雄の摂理が覆るとも取れる。
案外器の大きい宗次郎(というか幼少期に虐待を受けたためか、感情や嗜好に多大な制限がかかって何も考えていないだけ?)
ただ、しばらく十本刀と栄次の小競り合いは絶えず、それを安慈と永倉のどちらかがたしなめるということになりそうだが(あるいは後述の二元作戦を考えると、十本刀と栄次は引き離されるか)


復讐鬼になりかけていないことを『角が完全にむき出しにしていないようだが、いずれ伸び、隠し切れなくなる時がくる』
と期待の高笑いを上げる凍座。
それを見て、ついに剣心は激昂。
そういえば剣心、新月村で家族を殺された栄次が志々雄配下に仇を討とうとしたときに諭していたか。
「死んだ者が望むのは仇討ではなく、生きている者の幸福。
君もいずれは大人になる。
その時に、志々雄のような力で人を虐げる大人にも、村人のような暴力におびえ何もできない大人にもなるな
最期までお前を案じ続けたお前の兄のような人間になって、幸せになれ」
剣心からすれば、栄次を再び復讐鬼のようにすることを『猛者の育成』とうそぶく凍座が許せなかったのだろう。



怒り狂った剣心はその勢いで九頭龍閃を三連撃発動。これによって凍座はついに倒れた。
が、どうにも力任せ気味の勝利だったうえ、剣心の体には物凄い負担がかかってしまった。この分だとしばらく、剣心は実検戦闘の場には出られないか。

この辺りはドラゴンボールっぽいが(フリーザもセルも魔人ブウもそれぞれ配下や前哨の敵がいて、彼らは悟空の仲間が相手していた)
しかも、ついに凍座の目は剣心の『闘姿』を解析した。
それは、

『神速ゆえに静止する「竜巻」』

獣畜生はおろか神仏魔物でもない『自然災害』であり、風と神速の技を得意とする剣心らしいとも取れる。
凍座からすると神仏魔物なら倒せる手段があるものの、災害となると倒せる手段も思いつかない。
彼の底知れなさに期待しつつ、高笑いしながら凍座は『落ちた』。

そして、ついに次の実検戦闘が行われる場所が分かった。
『札幌』

『小樽』
の二元作戦。

剣心がこの戦いの反動で、斎藤も凍座に腕を折られて実検戦闘に参加できないとなると、残りの面々がそれぞれ札幌と小樽に行くことになるだろうか。
特に維新後、永倉は小樽に長く住んでいたから、妻子や故郷が荒らされないよう、確実に小樽に行くはずだ。
かたや剣客兵器側は、異號・凍座が本陣に戻され、覇號・寒郷豪人が樺戸集置監再建と脱獄囚人の動向を見るのに離れられないとなると
寡黙な髏號・雹辺、
落ち着いた感じの仁號・冬甲斐、
変號・冷泉のうち2人が出撃するはず。

(口うるさい宝號・霜門寺と、お約束で姿を見せない『と號』は出撃しないだろうなあ)
おそらく『いろはにほへと』順に格が高いとなると、七部隊将の次に格が高いのが地號・土居潜具羅で、凍座不在の箱館先鋒隊は彼が指揮を執り、次の実検戦闘に備えるはず。
他の部隊将とその配下の実力も知りたいところ。同時に味方の数も多い以上、集団戦闘は確実になった。
そこを闇乃武残党が遊撃隊として出撃し、剣心たちを引っ掻き回すか。


      


2019/11/13 
追記。

この後凍座は本陣に戻されるのはもちろんなんだけど、おそらく警察は許さないはず。
そこを土居の仲介で、改めて当初捕虜役だった権宮が入れ違いに警察の捕虜になると思う。


英訳。今回は甘詰留太のモノローグで行こうと思う。

きっとすべてがうまくいく.jpg


  

It's too late...mom...
When I was 10s, I thought all others as fool.
I had only confidence that I would become more wonderful adult than others.
When I became 20s, I feared becoming 30.
But I also thought that I would be naturally settled someday.
And when I became 30, I was impatient and impatient every day.
I couldn't do nothing but pretend as the adult.
And when I became 40 and everything became too late, I finally understood them:
That a person is just a old child if he's done nothing by own.
and that I was too old to do something.

(もう、遅いよ母さん……
10代のころは、周りがバカばかりに思えた。
自分はもっと、立派な大人になる自身だけあった。
20代になって、30になるのが怖かった。
でもいつかは自然に落ち着くとも思っていた。
そして30になって、毎日が焦りの日々になった。
大人を取り繕うことで精一杯で
そして40になって、もう手遅れになって、ようやく気付いたんだ。
自ら何もしなければ、人は、ただ年を取った子供でしかないということ。
そして自分は何かをするにはもう年を取りすぎてしまってたということ。
posted by SPIRIT at 21:10| Comment(0) | るろうに剣心北海道編 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

凍座が求める『地獄』 ~るろうに剣心北海道編 第19幕『地獄の産物』感想 ジャンプSQ2019年11月号~





今回は剣心の一団の中で最年長で、一番酸いも甘いもかみ分けた永倉新八の、尋問というよりは提案で始まった。

『凍座達剣客兵器が求めるのは、諸外国の侵略を防ぐため、一騎当千の猛者を育成すること。
言い換えると文字通り一人で千人の敵を倒すものではなく、そのものが戦場に現れると味方千人が奮い立ち、敵千人が恐れおののく者』


そういった者たちが、近藤勇、土方歳三、高杉晋作、西郷隆盛……と出てきたわけだけど、西郷の目が怖い……。

近年の西郷は、情に厚い古武士というより、権謀術数にたけた政治家としての一面が強調されて描かれて」いて、龍馬暗殺の黒幕が彼という説もあるぐらい。
確かに西郷は、禁門の変の時は公武合体派で、新選組を含む会津藩と協力して長州藩の掃討に当たっていた立場か。
どっちにしても永倉が近藤、土方、西郷と一番歴史の猛者と接触することが多かったのは確かであろう。

そんな永倉が提案したのは。

『猛者の育成という点は、明治政府の富国強兵の方針と大差ない。
方針が同じなのだから、なぜ実検戦闘なんて破壊活動ではなく、政府に取り入らないのか?
これまでの実検戦闘についても、罪一等ぐらいは減らしてくれるはず』


ということだった。斎藤も政府が裁量を握るのならば警官としての仕事を優先させて不問にするし、剣心も剣客としての立場上、力そのものを否定はしていない。
大事なのはそれをどう使うか、ということだった。

考えてみれば仮面ライダーも、昭和のころからライダーの力と敵の力が表裏一体で、鎧武の時には主人公の兄貴分が、
「力そのものに善悪はない」

というセリフまで出している。
日本人は安定志向が強いから、「金は汚いもの」という考えがいまだに残っていて、いたずらに権力や金を手にするよりは、平凡な人間として愛情の世界に生きるのがいいと長い間思われていたけど、今のようなイノベーションのような時代はどうだか。

うちの父も『庶民、庶民』とよく言うが、僕に言わせれば
『庶民の庶民の言って、横並びと現状維持に甘んじている限り、一向に状況は好転しないのではないか』

と思っているのである。


少し話が王道にそれたが、永倉の提案に対して凍座の答えは、
『却下』

「力だけを得るようでは、本当の猛者にはなれない。
必要なのは逆境にも打ち勝つ強靭な精神。
それは社会の不条理・深い悲しみ・挫折という『地獄』の中で出来上がる」


共感はしつつも、かといって納得できないと考える中に、凍座の目が新たなる『闘姿』をとらえた。
宗次郎に憎しみを向けた三島栄次である。
その闘姿は、函館山での戦いの『角を隠した小鬼』ではなく、『角をむき出しにした鬼そのもの』になっていた。
栄次は宗次郎に発砲し――


単行本2巻のキャラクターファイルで、『栄次の隠した角がむき出しになるときがくる』『小鬼はいずれ鬼になる』とあったけれど、角をむき出しにするのが早すぎるんじゃないかなあ。

勿論宗次郎はそれでブチギレる人間じゃないとしても、なぜ自分を撃ってきたのかは聞くはず。
そのなかで栄次も改心するんだろうけど、昭和の特撮ものって最初は敵組織に家族を殺されてその復讐で戦い、やがて行き詰ってそれぞれの正義感で戦うというのが王道だったしなあ。
最近話の展開がちょっと冗長になってきただけに、この辺りも不安。


ともあれ、凍座の言もわからなくもない。
苦しみもまた、創造性や精神性を向上するのには必要だ。

(余談だが浦沢直樹氏の『PLUTO』の天馬博士は、ロボットが限りなく人間に近づく中では、ロボットの優秀な頭脳も「作る」のではなく「育つ」ものと言っていた。
「深い悲しみや挫折が、電子頭脳を育てる」
「間違う頭脳こそ完璧」
「ロボットの喜怒哀楽を抑える制御装置が、電子頭脳の成長を阻んでいる」
だった。人間にも共通する。)
ともあれ、そう言った人たちって、ちょっと偏屈になってくるのが難点なんだよな。発達障害の集いで会った友達って、父に蒸発されたり虐待を受けたりしてるんだけど、だからこそ、他人の苦労がゆとりっ子の苦労のように皆思えてしまっている。

清濁併せのむ器の大きさはいつの時代も大事だけど、多くの人々にトラウマを味わわせるのが精神性の向上やその器を広くするのに必要だとは思えない。
そのトラウマを植え付けられた栄次が次にどのように動き、それが剣心たちにどのような思いを抱かせ、凍座に伝えるのがポイントかも。




      
posted by SPIRIT at 19:13| Comment(0) | るろうに剣心北海道編 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

るろうに剣心北海道編 第13幕『電信 函館―京都』感想 ~ジャンプSQ2019年4月号~

剣客兵器に対抗するために、対志々雄戦で世話になった葵屋にも電信を送る剣心。
しかし葵屋の従業員は所帯持ち。剣客兵器からも猛者と評価されている四乃森蒼紫、および彼を慕う巻町操、剣心の師匠である比古清十郎もなかなか連絡はとれず、そちらから援軍を頼むのは難しいと来た。
地理的な問題もあるゆえ難しいと思うがあの時から5年たってるんだもんなあ。

とりあえず次世代トリオの力も借りつつ、何とか剣心と左之助で剣客兵器に抵抗している矢先、斎藤がやってきた。
函館戦争で亡くなった兵士を弔うために建てられた碧血碑の前に連れていかれ、そこで杉村良衛(永倉新八)、瀬田宗次郎、悠久山安慈と合流することになった。
懐かしの面々と会うことになった剣心の思いはいかばかりか。そこからどう剣客兵器に対抗するのか。


気になるのは次世代トリオの武闘派・長谷川明日郎。
剣客兵器の言動から察するに、彼が志々雄の後継者にもなると思しき人間。
志々雄の形見である無限刃の眷属になれば、再び『悪太郎』になり、剣客兵器につく可能性もあるわけだ。
次世代トリオは敵味方どちらにも転びやすいポジションだけど。


それよりも権宮、土居といった剣客兵器の面々の力を見てみたいところ。
  
  
で、今回の英文はウシジマのセリフの英訳じゃなくて、箱根関所に伝わる『お玉の悲劇』を、自分なりに英文にして載せてみることにしました。


箱根関所.jpg

Hakone is famous of the tragedy of Ms.Otama.
Ms.Otama was born in Izu region.
But her family was poor, so she was taken to the family of her cousin in Edo, to service.
But I think that she has been selled.
I don’t know whether Ms.Otama was taken to service or was selled. But she was lonely in Edo, so one day, she escaped from Edo, and went to the Hakone checkpoint.
But she didn’t have the checkpoint bill.
In Edo period, if people passed the checkpoint with no checkpoint bills, they had the guilty named “sekisho-yaburi”, which means breaking the checkpoint.
They were crucified and killed.
Then Ms.Otama kept away from the Hakone Checkpoint and took a devious route.
But she was catched in the fence of the checkpoint, and was arrested by the public servant of it.
After she was investigated by the servant for 2 months, she was taken the place named “Woitaira” and KILLED by “the Gokumon Punishment”.
“The Gokumon Punishment”, which means the prison gate, is the punishment slicing the neck of the criminal.
It was one step lighter than the cricification
I think the public servants of the Hakone Checkpoint has hesitated, because Ms.Otama was just a girl.
But if the public servant of the checkpoint miss the criminal breaking the checkpoint even a girl, they will set a bad example to the social.
They punished Ms.Otama with the Gokumon Punishment, which was lighter then crucification, without getting carried away their emotion.
(訳:箱根はお玉の悲劇で有名です。
彼女は伊豆地方に生まれました。
しかし彼女の家は貧しく、江戸の彼女の従妹の家に奉公に連れていかれました。
僕自身は彼女は身売りしたんだと思っていますが。
奉公のためか身売りしたのかどちらかはわかりませんが、江戸での生活は寂しいものだったので、ある日お玉は江戸を後にして箱根関所に向かいましたが、いかんせん関所を通るうえでの手形がありません。
江戸時代において、関所手形をなしに関所を通過した場合は『関所破り』の罪で極刑の磔にされます。
そこでお玉は箱根関所を避けて迂回して通り抜けようとしました。
しかし関所の柵に引っかかってしまい、関所の役人に逮捕されます。
2か月間の取り調べの後、お玉は『ヲイタイラ』というところに連れていかれ、『獄門』という刑で殺されます。
獄門は地獄の門を意味し、罪人を打ち首にする方法ですが、磔に比べて一歩軽い刑でした。
お玉は少女だったという説が強く、関所の役人も相当迷ったんだと僕は思います。
しかし女の子といえど関所破りをしようとした人間を見逃せば、天下に示しがつきません。
情に流されることを避け、磔より一歩軽い刑の獄門で彼女を処刑しました。)


箱根関所3.jpg

箱根関所2.jpg
posted by SPIRIT at 17:53| Comment(0) | るろうに剣心北海道編 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする